Home > ビジネス 文書 ひな型 サンプル テンプレート > 注文書(発注書)の書式

注文書(発注書)の書式

珍しいジビエ・世界各地から


注文書の書式はそれほど多くはないでしょう。
パソコンなどで自作する場合も、ほとんど書式が決まっているので、難しくはないと思います。
注文書の書式は、「注文書」の文字に

・相手先の名前
・日付
・こちらの名前
・住所
・電話番号など

を記載します。
そしてその下に

・商品名(内容)
・数量
・単価
・金額

などを表形式で記載して、合計金額を出す・

というのが、一般的な書式となります。
この、注文書(発注書)の書式を自分で作るのであれば、エクセルで作るのが簡単で便利ですよね。
注文した住所と、納品して欲しい住所が違う場合は、納品先を入れた書式が便利ですし、場合によっては希望納品日を記入する欄があってもいいと思います。
企業同士で交わす注文書など仕事関係の注文書なら「平素は大変お世話になっています~」などの一文を書式に入れるのがよいでしょう。
また、確実に注文できたかどうか確認したいのであれば、受注確認欄を書式に設けてるといいと思います。
受注確認欄には、受付日と納品予定日、担当者の名前を書く項目を作るといいでしょう。
ここに記入してFAXで返送してもらうのが手っ取り早いと思います
このように、FAXで注文書や受注確認をやり取りする場合は、注文書の配色には気をつけたいものです。
FAXがカラーに対応してなければ、色によっては薄くなったりかすれたようになって読みづらくなりますし、対応していてもプリントアウトする場合はコストがかかります。
注文先が注文書をコピーすることも考えられるので、注文書は白黒の方が望ましいと思います。
ちなみに、注文書を発注書と呼ぶこともあります。

。工事
・ソフト開発
・原稿執筆

など、一般に売られている商品ではないものを注文する場合に、発注と呼ぶことが多く、その場合は発注書というタイトルを使った方がいいかもしれません。

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://shoshiki-bijinesu.k-s--factory.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9855
Listed below are links to weblogs that reference
注文書(発注書)の書式 from ビジネス・個人用のいろんな書式

Home > ビジネス 文書 ひな型 サンプル テンプレート > 注文書(発注書)の書式

Search
Feeds

Page Top